園芸用土のリサイクル

プランターや鉢で使用した土、どうしていますか?

一度使用した土をそのまま再利用してうまく栽培できなかった
という経験をされた方、
再利用が難しいからと勿体ないと思いつつも捨ててしまう
という方も多いかと思います。

そこでツムランドやDr.アクチノを利用して使用済みの土を再生してみましょう。

プランターや鉢で栽培していたときに病気などが発生していたら、
病原菌への抑制効果が期待できるツムランド、
土に植物の根や葉っぱなどがたくさん残っている場合は
それらの分解を進める効果の高いDr.アクチノを混ぜ込むといいでしょう。

〈材料〉 ①使用済み用土……10Lに対して ②ツムランド または Dr.アクチノ……0.1L 〈方法〉 ①ビニール袋の上などにプランターや鉢から土を出してほぐします。 ②手で簡単に取れる固まりの根やゴミなどを取り除きます。 ③黒いビニール袋の中に土を入れて水を加えます。  加える水の量は、土を握ると水が滲み出るくらいが目安です。 ④ビニール袋の口を縛り、平らにならして日当たりの良い場所に置きます。  黒いビニール袋が太陽の熱を効率よく吸収し、殺菌、殺虫ができます。  夏場なら1週間くらい、冬場なら1ヶ月くらい日に当てます。 ⑤土のう袋などに土を移して、ツムランドまたはDr.アクチノを混ぜ込みます。  混ぜ込む量は土の量によって加減してください。  ちょっと少ないかな? と思うくらいで様子を見て、  足りないようなら追加するというくらいが良い加減です。
あとは、使用するときまで軒下などに保管してください。 土に根や葉っぱなどがたくさん残っている場合は、 微生物に分解されるのに時間がかかりますので、 その場合は次に使用するまで長めに時間をおいてください。 ツムランドやDr.アクチノを混ぜ込んだ量が多いときは、 土に肥料成分が十分に残るため、 土を使用する際には施す肥料の量を控えめにしてください。 使用済みの土を捨ててしまう前に、 ツムランドやDr.アクチノを利用したリサイクルを試してみませんか?
カテゴリー: Dr.アクチノ, ツムランド パーマリンク