[ツムランド フィールド] 第六話:おいしい話

“早くて、おいしい”、CMのような話です。

昨年、千葉県の2農家が“ツムランド”を使った“トウモロコシ”(露地栽培)の
栽培試験を行いました。

結果、
 ①1週間程度“収穫が早く”
 ②“おいしい”(実の入りも立派な)収穫
出来たそうです。

今夏も畑に全面施用して、他の人よりもいち早く収穫、販売を目指しています。


この“おいしい”話、実は理由があるんです。  ①“収穫が早い”は、ツムランドの多種多様の微生物が根付き(活着)を    スムーズにし、発芽、苗定植時のストレスが少ないからのようです。  ②“おいしい”モロコシ、内容の充実はやはり微生物が土壌中の肥料分解   (特にリン酸分)を促すからのようです。 こうした事例はトマト等にも見られます。
農家(プロ)、家庭菜園のお母さん、 “ツムランド” を使って、 今年の夏、廻りの皆さんの“注目”を集めましょう。
《方法》 1.施用肥 ツムランド:300g/㎡ 2.その他 播種・発芽、苗定植後、およそ30~40日はよく観察しましょう。      この期間は苗は無防備です。害虫・病害、特に害虫には注意しましょう。
(一昨年、ハウスでの後作にモロコシ栽培試験事例) トウモロコシ試験
カテゴリー: ツムランド パーマリンク