“緑肥”と微生物(Dr.アクチノ、ツムランド)

農作物、食べ物の安心、安全。
減農薬、低農薬……。
それには農作物の健康管理、“土づくり”は欠かせません。

千葉県東金市の”わけねぎ”農家(○○わけねぎ出荷組合)では、
間作に”緑肥栽培(えん麦、ソルゴー等)”を取り入れ
普段から土づくりを進めています。

わけねぎ生産30年の現在も土壌管理の化学処理はありません。
折角の緑肥での土壌管理、改良に微生物資材(Dr.アクチノ、ツムランド)を併用。

有機物(緑肥)腐植化、多種多様な増殖。
文字通り、豊かな大地、地力増進。

わけねぎ生産農家は、作物の健康管理、低農薬化を計っています。


カテゴリー: Dr.アクチノ, ツムランド パーマリンク