元気出せ、日本農業 やるのはいまでしょう。
播かぬ種は生えません

今季、鳥取砂丘ラッキョの収穫が5月から始まり、平年より1ヵ月ほど早かったとか!
7 – 9月 母球芽の植え付け、肥培管理がつづき越年、積雪。
6月収穫が始まるのが例年。
この積雪が今期は見られなかった。環境変化(温暖化)の影響でしょうか?

農作物への高温障害、影響は
    1 地下部では、根張り悪化、根痛みで吸肥、吸水力低下。
    2 地上部は過剰蒸散による葉の桜花・枯死。
    3 肥料要素では流動性の減少による微量要素欠乏、等々・・・。

作物に高温、日照不足への対策は、やはり土づくりです。土壌改良です。
水分保持、空気(気相)、豊かな微生物の住みか、
バランスのとれた生育環境を整えます。

いわゆる、土壌団粒化です。

「 なにを今更、そんなこと・・・ 」。

そうです。土づくりは今日が明日には進みません。当面は良質資材で応急措置。
そして土のなかは弊社資材(他ペーシ照会)Drアクチノにお任せください。
畑の表面施用でOKです(写真)。
優秀で多種多用の微生物群は24時間、不眠不休で活動し続けます。
あなたは見守るだけ。

      「やるのは、今でしょう 」。 播かぬ種は生えません。


(土づくり50年来つづける河浦花園(河浦さん、左)、知人の吉田さん。
                      苗が土を抱え込んでいます)。
                      河浦花園 : 静岡県賀茂郡松崎町江奈。



カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です